ほのぼの日記

山梨県北杜市(八ヶ岳南麓)に在る「ほのぼの農園ナチュラルハート」のブログです。日々の農作業や、農村生活で感じたことなどを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レタスの種蒔き

いよいよ2014年の農業が本格的に始まりました。

今日は記念すべき種蒔き一回目。いつものようにレタスの種を蒔きました。

2月21日に水に浸しておいたレタスの種から芽が出てきています。
P1110917.jpg

今日は、この芽出しが完了した結球レタス、サラダ菜、サニーレタスの3種類を育苗用セルトレーに蒔きました。
P1110920.jpg

蒔き方はこの様に、トレイに土を入れ、水をかけてから中心に浅い穴を開け、そこに発芽したレタスの種を置くだけです。
P1110926.jpg
芽といっても発芽しているのは根になる部分です。この部分はとても脆いのでピンセットで傷つけないよう慎重に1つずつ土の上に置いて行きます。

写真では分かり辛いけど、こんな感じです。
P1110937.jpg

種蒔きが終わったらビニールを被せます。これは水分の蒸発を防ぎ、根を土に活着し易くするためです。
P1110938.jpg

ただこのビニールだけだと太陽熱で温度が上がりすぎてしまうので、毛布をかけて断熱します。
P1110941.jpg
トレイの下にも発泡スチロールの板を敷いて、こちらは夜の寒さを防ぐための断熱です。

このトレイは育苗用のビニールハウスの中に置いて、昼間はこの状態にしておきます。
だだし、外の天気や気温を見ながら、ハウス横のビニールを開け閉めして、内部温度を生育適温に保ちます。
特に春先は天気がコロコロ変わることが多く、育苗中の農家は日中は外出もままなりません。

そして夜はまだまだ寒いので、横のビニールをしっかり閉めて、ビニールトンネルをかけて、更に上に毛布をかけて保温します。
P1110942.jpg

いよいよ育苗シーズンが始まりました。この様な作業はだいたい5月の初旬ころまで続きますが、苗の生育はその後の野菜達の生長に大きく関わるため気が抜けない部分です。

野菜によってこの管理方法も変わってくるので、また別の野菜を蒔いたら書いてみたいと思います。
このトレイの中の僅かな土で肥料を一切使わずに苗を元気に育てるために、いろいろと手間隙をかけて野菜たちの面倒を見ています。5月の収穫をお楽しみに!
スポンサーサイト
[ 2014/02/26 20:57 ] 自然栽培(野菜) | TB(-) | CM(0)

育苗土と温床

1月27日に仕込んだ稲用の育苗土が、11日目で53度まで上がっています。
P1110073.jpg
発酵が順調に進んでいるようです
仕込んでから2週間を過ぎて温度が落ち着くようなら、切り返しをして空気を送り込み再度温度を上昇させる予定です。

それから「発酵物第二段」として、昨日、今日と二日をかけて「踏み込み温床」作りをしました。
P1110085.jpg
上の写真の奥の枠に、稲藁、米ぬか、落ち葉を積んで、水をかけてから踏み込みます。
P1110091.jpg

それをサンドウィッチ状に10段くらい重ねては踏んで、また重ねては踏んでと繰り返して、やっと完成しました(祝)
P1110101.jpg

こちらもうまく発酵が進むと内部の温度は50度近くまで行ってくれると思います。

この温床は、発酵が落ち着いて温度が安定してきたら、この上にトマトやナスなどの夏野菜の苗をおいて育苗します。
外気温はまだまだ氷点下ですが、この温床の上はぬくぬくとして夏野菜の生育にピッタリな環境になります。

ここで元気に育てた苗たちは、遅霜の心配がなくなる5月の中旬頃に畑に定植するので、それまではこの温床がゆりかご代わりです。
[ 2014/02/06 20:02 ] 自然栽培(野菜) | TB(-) | CM(0)

大豆選別など

今日は朝一番で南巨摩郡まで田植え機を貰いに行ってきました。
P1110031.jpg
エンジンも調子が良く、まだまだ現役で頑張ってくれそうです。
愛犬ハチも新しい愛棒にご挨拶

続いて近くのJAで大豆の選別機を借りて、大豆の選別を行いました。
こんな機械で、なかなか年季が入っていそうです。
P1110038.jpg
この機械に大豆を入れると、手前のトレイに右から大、中、小の綺麗な大豆が出てきます。
また後ろ側からは、欠けたり形があまり良くない大豆が選別されて出てきます。
P1110044.jpg

前の綺麗な方は、もう一度人間が手選別を行って、大豆としての販売用に利用します。
後ろの傷あり大豆ももう一度手選別を行ってから、こちらは主に味噌仕込み用や自給用になる予定です。

今年も味噌の寒仕込み頑張ります
[ 2014/01/30 20:39 ] 自然栽培(野菜) | TB(-) | CM(0)

温床用落ち葉集め

今日は暖かくてとても良い天気だったので、「冬季野菜BOX」の出荷作業を終えてから、温床用の落ち葉集めをしました。

家の裏山と、近所の道路から、ひたすら落ち葉を拾い集めます。
P1110023.jpg

始めは軽トラの荷台に入って踏み固めながら積んでいたのですが、踏み固めたり軽トラから下ろす作業が大変なので、後半は踏み固めずにそのまま運ぶ事にしました。
P1110022.jpg
こうすれば、積むのも下ろすのもとても楽です。
落ち葉の収集場所が畑から遠ければ踏み固めて沢山運んだ方が便利ですが、収集場所が近い場合は運ぶ回数が増えてもこちらが楽なようです。

結局夕方前までに、軽トラ5杯分ほど(踏み込んで満載した場合の約3杯分)の落ち葉が集まりました。
P1110029.jpg

来週はこの落ち葉と、米ぬかと水を混ぜて発酵させて「踏み込み温床」を作ります。
[ 2014/01/29 17:14 ] 自然栽培(野菜) | TB(-) | CM(0)

2014年の田んぼと畑の準備開始

2014年の作付け準備がいよいよ始まりました。

2013年の6月に「ほのぼの農園ナチュラルハート」のFacebookアカウントを作成してから、近況報告はFacebookばかりになっていましたが、2014年はFacebookに併せてこちらのブログからもどんどん情報を発信して行きたいと考えていますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

出荷の方は既に定期配送をお申し込みのお客様向けに「冬季野菜BOX」1月分の発送が始まっております。

そして今日はいよいよ稲作&畑作の準備として、苗土作りを行いました。
例年どおり、「木村式自然栽培」の手法に倣い、圃場の土(稲作は田んぼから、畑作は畑から)と、米ぬかを混ぜて作ります。

まずは圃場の土と米ぬかを2:1の割合で、サンドウィッチ状に積んで生きます。
P1110002a.jpg

積んだ山に穴を開けて、
P1110008a.jpg

その穴に水を入れます。(この水入れは途中でも何回か行います)
P1100997a.jpg

こちらが完成形です。水は山が崩れない程度にたっぷり注ぎます。
P1110011a.jpg

最後に温度計を挿して、ブルーシートを被せて終了です。あとは発酵して温度が上昇するのを待ち、温度が下がり始めたら切り返しを行うという行程を3~4回行い、温度が落ち着いたら苗土の完成です。

詳しい手順は「木村式自然栽培勉強会@山梨」の稲作部会で勉強会を行っていますので、興味がある方はお問い合わせ下さい。

ご参考URL:

ほのぼの農園ナチュラルハートのホームページはこちら。

ほのぼの農園ナチュラルハートのFacebookページはこちら。

木村式自然栽培についてはこちらをご覧下さい。


[ 2014/01/27 18:38 ] 自然栽培(野菜) | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。