ほのぼの日記

山梨県北杜市(八ヶ岳南麓)に在る「ほのぼの農園ナチュラルハート」のブログです。日々の農作業や、農村生活で感じたことなどを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

味噌仕込み

アップが遅くなりましたが、3月19日に行った今年の味噌仕込みについての記事です。

前日によーく洗った大豆を水に一晩浸けておきます。浸け上がりは大豆の芯まで水が染み込んでいると良いようです。

いつも味噌仕込みの日は時間が押せ押せになってしまうので、今年は朝5時に起きて、6時から大豆の煮込みを開始しました。
P1120139.jpg
こんな大釜を使って18kgの大豆を煮込みます。使った大豆は自家製自然栽培(無肥料、無農薬)で育てた青大豆のみです。

約4時間煮込んで、口に含んだ大豆を舌で押しても簡単に潰れるくらいの軟らかさにします。
P1120143.jpg

大豆が煮上がるのを待っている間に、大豆と同量の麹(18kg)と塩(8.4kg)をよーく混ぜておきます。
P1120149.jpg
当農園では、麦麹と米麹を1:1で入れる「甲州味噌」を作ります。

大豆が煮上がったら、ミンサーを使って大豆をミンチ状に潰します。
P1120156.jpg

大豆を潰し終わると人肌ぐらいの温度になるまで冷ます必要があるので、ここでやっと一休み、昼食になります。
P1120162.jpg

潰した大豆が冷えた頃を見計らい、先ほどの麹と塩を加えて混ぜ込みます。この時もし硬かったら大豆の煮汁を加えて、だいだい耳たぶぐらいの硬さになるように練ります。
P1120168.jpg

午後からは応援が来てくれました。いやあ、助かりました~。
P1120171.jpg

3人体制になりスピードアップです。練りこんだ材料を、今度はソフトボールぐらいの団子状にして、味噌樽の中に投げ込みます。これは味噌の中の空気を抜くためなので思いっきり投げつけます。
P1120175.jpg

これを味噌樽の上まで繰り返し、最後に焼酎に浸けた付近を被せて蓋をすれば完成です。(完成写真がありません^^;)

今回は3樽半で70kgほどの味噌を仕込むことができました。一夏越して初冬頃にはお目見えする予定です。どうぞお楽しみに
スポンサーサイト
[ 2014/03/19 13:04 ] 農村生活 | TB(-) | CM(0)

私道が開通

2月14日の朝から15日の午前中一杯降り続いた大雪から二日目。

今日もどこにも行くこともできず、まずは家からの私道を県道に繋げるべく、100メートル以上ある道を家族でせっせと雪かきしました。
P1110214.jpg

雪は太陽の熱で融けて高さが低くなっていますが、それでも大人の腰付近まであります。
また融けた雪は重くてかくのも大変ですが、その雪を用水路に流しながら軽自動車がギリギリ通れる幅の道を作って生きます。うちはまだこの用水路のお陰で本当に助かっています。

隣のお爺さん、お婆さんが住んでいる家の前も雪かきしながら安否確認!元気そうで一安心
P1110221.jpg
それにしても車がほとんど通らないせいか、空気が澄んでいて空が綺麗です。
昨晩の満月も格別でしたよ。

雪かきをしつつ下を走る国道141号を見ていると、ポツポツと上(清里方面)から下りてくる車が出てきました。
これは国道を走れそうだということで、ずっと気になっていたビニールハウスの様子を見に行ってきました。
P1110247.jpg
国道の様子はこんな感じで、除雪は入っているものの一車線しか通れない箇所も多く、所々雪も残っているのでまだまだ危ない感じです。

こんな雪崩の痕も。
P1110249.jpg

P1110243.jpg
あらためて今回の雪の凄さを認識しました。

で、問題のビニールハウスですが、元気に建っていました
P1110240.jpg
まだ雪が深くて畑には近づけないですが、国道から見た限りでは大丈夫そうです。ほっと一安心です。

ハウスの無事を確認してから再び雪かきを再開!

途中、家の近くのレインボーラインという道路でスタックして52時間停まっていて、やっと今除雪車に助けてもらったというトラックの運転手さんが通りかかりました。これから群馬に帰るとのこと。お疲れ様です。

そして今日の雪かきを開始してから6時間半後、ついに私道が県道まで繋がりました。
P1110262.jpg
軽トラくん、二日ぶりのご帰還です。
P1110264.jpg
それでも家の前はまだ屋根から滑り落ちた雪などの山があって今日はここに駐車です。

明日からはこの山を少しずつ片付けて、ハチの小屋も救出しなければ・・・。

県道の方も少しずつ除雪が入っているようですが、まだあちらこちらで雪があって通れない箇所が多いようです。無理をせず様子を見ながら少しずつ活動範囲を広げて行きます。




[ 2014/02/16 21:47 ] 農村生活 | TB(-) | CM(0)

どか雪です^^

120年間の観測史上初というどか雪が山梨県に降りました。
甲府市で114cmということですが、ここ北杜市ではもう少し積もったように思います。

一日中の雪かき作業でヘトヘトのネムネムですので、写真中心の簡単な記事です

朝起きたときの様子。1875mmの高さがあるエブリイ号が雪に埋もれています
P1110165.jpg

こんな事はもう二度と無いかも。取り合えず記念撮影です。
P1110171.jpg

そして、まだ雪が降り続くなか、雪かき開始。ハチも自分の小屋を発掘するために必死です(笑)
P1110173.jpg

我が家の重要なライフラインとなる薪小屋へのルート作りです。
P1110180.jpg

田舎暮らしの必須アイテムである車の導線確保も大切です。
P1110184.jpg

こちらは県道に出るまでの導線となる私道です。県道まで100メートルはあり、遠い道のりです。
P1110182.jpg

丸一日、家族みんなで雪かきして、やっと車が発掘できました。
P1110202.jpg

県道へ続く私道も数メートルだけ雪かきができました。
P1110186.jpg

薪小屋へのルートもこれで安心です。
P1110205.jpg

私道の終点(県道との境)には、家まで到達できずに置いてきた軽トラが停まっています。ここまでたどり着けるのはいつになることか・・・。
P1110209.jpg

道路の方は、夕方やっと目の前の国道141号に除雪車が入りましたが、車は全く走っていません。
県道の方も全く除雪されていないので、例えたどりつけても未だどこへも出かけられません^^;
今の所周辺の道路は完全にマヒした状態です。

暫くはどこにも行けず、雪かき作業が続きそうです。楽しみながらのんびりやりたいと思います
[ 2014/02/15 20:22 ] 農村生活 | TB(-) | CM(0)

味噌仕込み

今日は味噌仕込みです。今年こそは寒仕込みと思っていましたが、すっかり暖かくなってしまって・・・
それでも去年はGWに仕込んだので、それと比べれば充分寒仕込みです!

少し長くなりますが、簡単に手順をご紹介

昨日の朝から20時間ほど水に浸していた大豆14kgを、朝6時から火にかけてぐつぐつと煮ます。
P1080657.jpg
この釜、一度に25kgまでの大豆が煮れるそうです。

大豆を手で潰せるくらい柔らかくなるまで煮ます。茹で上がりが11時頃。

茹で終わったら、まだ熱いうちにミンチャーで潰します。
P1080674.jpg

潰した大豆は、温度が人肌になるまで冷ます必要があるので、ここで昼食を取って待ちます。それでも中々冷めないので、うちわや扇風機を使って冷まします。

大豆が冷めたら、予め混ぜてあった米麹+麦麹(両方で14kg)と塩(7kg)を加えて、ムラにならないようよ~く混ぜます。
P1080676.jpg
これが中々重労働なんです

よ~く混ざったら、今度は空気を入れないように団子を作って、味噌樽の中に投げ込みます。この投げることによって更に空気が抜けてくれます。
P1080679.jpg
投げ込んでは空気を抜くように上から押さえるという作業を、味噌樽が一杯になるまで繰り返します。

樽一杯になったら、上に塩を降りかけて、更に焼酎に浸した手拭をかけて蓋をすれば終了です。
P1080683.jpg
あとは少なくとも一夏は寝かせて早ければ秋に、じっくりと待つなら12月頃に味噌が完成します。

今年も自然栽培の青大豆100%で味噌を仕込みました。年末の完成をどうぞお楽しみに

尚、去年仕込んだ味噌(自然栽培の青大豆100%)は丁度美味しく仕上がっています。まだ在庫がありますので、ご希望のかたは「ほのぼの農園ナチュラルハート」までお問い合わせ下さい。

こちらは昨日、今日と援農に来てくれたTさん(左)。
P1080684.jpg
お陰様で、とても作業が進みました。短い時間でしたが自然栽培のこと、出来るだけお話したつもりです。何か少しでも参考になってくれれば嬉しいです。ありがとう、またいつでも遊びにきてください。
[ 2013/03/13 20:32 ] 農村生活 | TB(-) | CM(0)

Eさんファミリー来園

エーイチです。

昨日(6/23)は嬉しいことに、サラリーマン時代(しかも入社当時から)仲良くしてくれていたEさんが、ご家族と一緒に農園へ遊びに来てくれました。

途中、道が込んでいたらしくお昼頃の到着になったので、着く早々畑に入ってもらってスナップエンドウを収穫して、もぎたての茹でたてを昼食に食べてもらいました。
P1070516.jpg
特に奥様から「あま~い」と喜んでもらいました

昼食後、Eさんファミリーの娘さん二人とコトが意気投合して、家の中で楽しそうに遊ぶ中、大人たちはノンビリといろんな話をして過ごしました。
IMG_0111.jpg

そんな楽しい時間もあっと言う間に過ぎ、帰る時間になったので、今度は少し家から離れた畑をご案内して、タマネギやレタスなどを収穫して、少しお土産に持っていってもらいました。
IMG_0152.jpg

お決まりの集合写真です
IMG_6117.jpg
E家の皆さん、今回は遠いところを来ていただいて有難うございました。お陰で楽しい一日になりました。また是非お越し下さい。

この農園は、東京や神奈川から3時間前後で来ることができます(道の込み具合にもよりますが・・・)
たまには田舎で土に触れてみたいな~と思ったら、どうぞ遊びに来てください。お待ちしています

[ 2012/06/24 22:34 ] 農村生活 | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。