FC2ブログ

ほのぼの日記

山梨県北杜市(八ヶ岳南麓)に在る「ほのぼの農園ナチュラルハート」のブログです。日々の農作業や、農村生活で感じたことなどを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

畑の耕運、畝立て、播種

今日は風が強いものの、とても暖かな一日でした。

早速トラクターを使って、春野菜の予定地を耕運しました。
P1080602.jpg
畦や通路部分の草は意図的に残しています。ここが虫たち(害虫、益虫に関わらず)の住み家となって、少しでも自然体系が保たれることを期待しつつ・・・。

次に畑の隅に、管理機を使って溝を切ります。これは上の畑から染み出してくる水を蒸発させて、畑を乾燥した状態にするためです。
P1080606.jpg
また、この管理機を使って、野菜の種を蒔くための畝も立てます。

畝を立てたら黒マルチを張って、いよいよ種蒔きです。今日は大根の種を蒔きました。
P1080615.jpg
まだまだ大根にとっては寒い季節なので、黒マルチを使って保温しつつ、雑草が生えてくるのを抑えます。

更にビニールトンネルをかければ、やっと大根の種蒔き終了です
P1080618.jpg
大根も適期ならば、畝をたてて種を蒔くだけですが、まだ寒い日もあるこの時期に蒔こうとすると、こうやって保温してあげる必要があります。それでも無肥料の自然栽培ですので、生育はとてもゆっくりで収穫できるのは5月の中旬頃になります。(天候にもよりますが)

左の黒マルチはニンジン用です。こちらも同じように種を蒔いたらビニールトンネルをかけます。
右の方の畝には、葉物野菜を蒔きます。何れも5月初旬の収穫を目指します!

[ 2013/03/09 20:38 ] 農作業 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。