ほのぼの日記

山梨県北杜市(八ヶ岳南麓)に在る「ほのぼの農園ナチュラルハート」のブログです。日々の農作業や、農村生活で感じたことなどを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

味噌仕込み

アップが遅くなりましたが、3月19日に行った今年の味噌仕込みについての記事です。

前日によーく洗った大豆を水に一晩浸けておきます。浸け上がりは大豆の芯まで水が染み込んでいると良いようです。

いつも味噌仕込みの日は時間が押せ押せになってしまうので、今年は朝5時に起きて、6時から大豆の煮込みを開始しました。
P1120139.jpg
こんな大釜を使って18kgの大豆を煮込みます。使った大豆は自家製自然栽培(無肥料、無農薬)で育てた青大豆のみです。

約4時間煮込んで、口に含んだ大豆を舌で押しても簡単に潰れるくらいの軟らかさにします。
P1120143.jpg

大豆が煮上がるのを待っている間に、大豆と同量の麹(18kg)と塩(8.4kg)をよーく混ぜておきます。
P1120149.jpg
当農園では、麦麹と米麹を1:1で入れる「甲州味噌」を作ります。

大豆が煮上がったら、ミンサーを使って大豆をミンチ状に潰します。
P1120156.jpg

大豆を潰し終わると人肌ぐらいの温度になるまで冷ます必要があるので、ここでやっと一休み、昼食になります。
P1120162.jpg

潰した大豆が冷えた頃を見計らい、先ほどの麹と塩を加えて混ぜ込みます。この時もし硬かったら大豆の煮汁を加えて、だいだい耳たぶぐらいの硬さになるように練ります。
P1120168.jpg

午後からは応援が来てくれました。いやあ、助かりました~。
P1120171.jpg

3人体制になりスピードアップです。練りこんだ材料を、今度はソフトボールぐらいの団子状にして、味噌樽の中に投げ込みます。これは味噌の中の空気を抜くためなので思いっきり投げつけます。
P1120175.jpg

これを味噌樽の上まで繰り返し、最後に焼酎に浸けた付近を被せて蓋をすれば完成です。(完成写真がありません^^;)

今回は3樽半で70kgほどの味噌を仕込むことができました。一夏越して初冬頃にはお目見えする予定です。どうぞお楽しみに
[ 2014/03/19 13:04 ] 農村生活 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。