ほのぼの日記

山梨県北杜市(八ヶ岳南麓)に在る「ほのぼの農園ナチュラルハート」のブログです。日々の農作業や、農村生活で感じたことなどを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お米の種蒔き準備

お米の種蒔き前日の作業です。

まず前々日の夜にお米を30度のお湯に一晩浸けます。これによって一斉に発芽を促し、苗の発育を揃える効果があります。
写真がアレですが、よく見るとお米から小さな芽が出ているのが分かります。
P1120735.jpg

そして種蒔きの前日はこの種籾を日陰で一日干して乾かします。
P1120732.jpg
こうすると種蒔きがし易くなります。

種籾を乾かしながら、種籾を蒔くための苗床作りをします。

まず自家製の苗土(田んぼの土と米ぬかを2:1で混ぜて発酵させたもの)にくん炭を2:1の割合で混ぜます。
P1120748.jpg

よーく混ぜたら、育苗トレイにその土を入れて、種を蒔くスペースを作るために上の土を削ぎ落とします。
P1120755.jpg

そして水やりです。上から水やりをしてもうまくしみ込んで行かないので、このようにトロ舟に水を張って下からしみ込ませるように水をやります。
P1120764.jpg
それでも初めは乾燥した土の状態だったため水が40~50分待ってもうまくしみ込まないため、土に少し水をしみ込ませてかき混ぜた土を育苗トレイに入れるようにしたら10分ほどで水が上がってくるようになりました。

P1120766.jpg
これを繰り返して必要枚数を作れば、種蒔きの準備は完了です!
[ 2014/04/20 18:34 ] 自然栽培(米) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。